スーパーの売り上げをアップさせた超簡単なアイデア

独立を考えているあなたには、独立後の売り上げを増やすにはどうすればいいか?
四六時中考えていると思います。
そこで小難しいマーケティング関連の本を読んだり、諸先輩たちと飲みに行ってアドバイスを求めたり・・
いろんなことをしているお思います。
でも、それで。良いアイデアが思いつくとは限りませんし、おそらくなにも気づきは無いと思いあmす。
なぜなら、マーケティング関連本で書いた得ることを実践してもうまくはいきません。
諸先輩方にアドバイスを求めても、その方たちも成功していない以上 役に立つアドバイスは得られません。

■ 売上アップのヒントは意外なほど単純で簡単なことが多い
昔から売り上げアップのコツは意外と簡単単純なことも多いのです。
有名な話でスーパーマーケットの売り上げアップに貢献したお話を紹介しておきます。

昔のスーパーマーケットのカートは1段だけだったのです。
それを2段にしただけで売り上げがアップしたのです。
つまり、その分たくさんの商品をカートに乗せられるようになったことで、売上が大きくなったのです。

1つのものを2つにする
容量を大きくする
そんな単純なことでも売り上げはアップするのです。
有名な話ではうま味調味料の穴を大きくしただけで売り上げが増えたのも有名な話です。

単純な話ですが、楊淳奈ことほど気づかないのが人間です。
事実 スーパーマーケットも年々もの間、気づかなかったことでもあります。

では、ついでにもう一つの例も紹介します。
それはたばこのラッキーストライクの話です。
それはあのラッキーストライクの丸いシンボルマーク
最初は片面にしかなかったそうです。
それを両面にしたことで露出度が高まり、売り上げがアップしたそうです。
これはよくチラシでもある話です。
裏面を白紙のままのチラシを両面印刷に変えたら反応率が1.5倍以上にになった例もあります。
売上アップのコツは些細なことも多いのです。

独立絵をめざすあなたなら些細な変化も見逃さず、どうしてそれが売り上げアップにつながったのか?
ヒントがいっぱい隠されているので見逃さないで参考にっしてくださいね。
宅配型 トランクルーム 比較
単純に「大きくしてみる」「増やしてみる」そんな至極単純なことでも売り上げは変わるのです。
でも、それがあまりにも単純すぎてお客様も気づかないのです。
独立を目指すあなたのビジネスには一見 関係ないようにも見えますがいたって応用範囲は広いものですからね。

あなたの経験が同じ独立を目指す人に売れる商品にもなる

独立したての時期で少ない予算でオリジナル商品を持つには、他の会社に依頼して製造代行(OEM)してもらうケースがほとんどです。
しかし、他社に自社商品を制作依頼する方法すら知らない方も多いのです。
独立を考えている人でいくら技術やノウハウがあっても今の仕事は全体を俯瞰しての視野までは持っていない場合が多いのです。

もし、あなたが独立する際に「苦労したこと」や「失敗したこと」は視点を変えればあなたと同じように独立を目指す人には貴重なノウハウなのです。
これって意外と商品価値があるものです。

たとえば士業(税理士・社会保険労務士など)の先生がその専門知識を買われてどこかの商工会議所で経営者向けにセミナーをしたいと考えたとします。
もし、あなたが同じ経験をしたことがるのならばそれは立派な商品となります。
経営者向けのセミナーの内容はある程度のテーマとパターンは決まっています。
ならば、あなたの作成したセミナー用のテキストや資料はこれからセミナーをする方には喉から手が出るくらい欲しい商品でもありあmす。
それならばどう業者向けにそれらを射販売するのはいかがでしょうか?
セミナーをする際にはテキストや資料に記載されたあなたの名前をその先生の事務所の名前がしっかり置き換えて立派なものにすればいいだけなのです。
しかも、それが立派な装丁であればあるほど受講者はその先生の権威性を感じます。
ワープロで作成したコピー用紙をホッチキスで留めただけの資料よりもハクは付きます。
だからこそセミナーを考えている仕業の先生なら損得度外視しても購入を検討されるでしょう。
なぜなら士業の先生ほどプライドが高く見栄っ張りだからです。

お客様は誰か?
それは意外なほど同業他社なことも多いのです。
このあたりも独立に際して考えてみて欲しいポイントです。
まだまだ顧客が少ない独立初期の頃なら、なんでもビジネスに取り入れていくくらいの発想も重要です。

「そんなことをしたら自分のノウハウが盗まれてしまう?」
そんな考えをもつかもしれません。
でも、よく考えてみてくださいね。
そのテキスト資料
いちから全部 ご自分で考え出したものですか?
おそらく他のなにかを参考にしたはずではないですか?
あなたが思っているほど世の中にはオリジナルというものはありません。
すべたがなにかと何かを組み合わせたりしただけの物も多いのです。
独立初期の今ならプライドよりも大事なものがあるのではないですか?

一人暮らし ペット 世話 留守中 旅行

資格があれば独立できる?は嘘

社会人が勉強するうえで一番多い目的が【資格を取るため】でしょう。
しかし、ここで大きな間違いが
「独立するために資格を取る」
という勘違いです。
社会と学校は違います。
資格を取る勉強はまさしく学校の勉強の仕方が有効です。
でも、資格を取ってからのことは社会での勉強が有効なのです。

勉強する理由は人によってさまざまなです。
多くのビジネスマンは漠然とした不安の中で勉強しているのではないでしょうか?
理由は「勉強で成功を勝ち得ることが出来る」と確信しているからです。

しかし、猛勉強の末に資格を取ってからもその不安はずっと続いていきます。
世の中は実力勝負です。
そこには点数を付けられないことばかりなのです。
にもかかわらず、それななのに「とりあえず資格を取っておこう」という考え方になってしまう方が多いのです。
そういう発想で多くの資格マニアがいらっしゃいます・
ひとつ資格を取ってはみたけれど、不安だからまた別の資格をとっておこう・・・
それではなんに意味もありません。
このように闇雲に資格を取っていくことも問題ですが、そもそもその資格を取ってどうしたいのか?
それをまず考えなければいけません。

資格を取得しても稼げないのは、それを使って稼ぐ手段を理解していないからです。
それなのに「この資格はだめだ」と資格のせいにして次から次へと資格取得の勉強を繰り返している?のではいつまでも稼げません。
例えば
行政書士 VS 司法書士
主格取得の難しさではあ当的に司法書士です。
ですが、行政書士も司法書士も職権で戸籍謄本が取得できます。
最近人気の家系図作りというビジネスを考えた場合は司法書士も行政書士も同じなのです。
要はどうやって家系図に興味がある見込み客にアプローチするか?が問題であってそこに「行政書士」も「司法書士」もないのです。

このように資格だけで稼げる時代ではない時代だからこそ、その資格でどう稼ぐか?
そのことも真剣に考えてみてくださいね。
離婚 住宅ローン 妻が住む

どんな資格ができる業務の範囲の違いはあります。
しかし、どの資格でもお客を集めるのに違はありません。
ましてその資格の仕事の業務の範囲の中でも、なにかひとつに特化していかないと今は稼げない時代です。
何でも屋ほどだめなのですy。
私の知っている範囲でも税理士は過当競争と聞いています。
ですので通常の仕事では顧問料の値引き合戦になっています。
そこで
補助金や資金繰りに強い税理士
相続税申告に特化した税理士
などなど従来の業務をさらに絞り込んだ事務所が増えてきているのです。