プロミスで返済をする時の注意点とは?

返済には罠が多いです

プロミスを契約する際、多くの方は金利や無利息サービス、融資スピードなどに注目します。それはそれでOKなのですが、実は返済にも気を配る必要があるのです。

例えば多くの方はプロミスの返済方法は、口座振替かATMでの返済を選択するでしょう。特に口座振替が手数料はかかりませんし、返済するのを忘れないためにオススメです。

しかし多くの金融機関では口座振替を最初から選択できず、プロミス契約後に申込書を取り寄せて申し込むことになります。

ですから口座振替ができるようになるまで2~3ヶ月かかる場合もあり、いつから反映されるかも教えてくれない場合が多いのです。その間はATMか銀行振込で返済することになりますが、この手数料が馬鹿にならないのです。

大手消費者金融はコンビニATMが利用できますが、手数料はかかります。

1万円までなら108円、1万円超から216円もかかります。銀行振込ならさらに高額の手数料がかかることがザラです。ですから口座振替が反映されるまで、面倒でも手数料が無料で使える自社ATMで返済しましょう。

 

プロミスの申し込む時の注意点

プロミスを申し込む時にいくつかの注意点があります。例えばプロミスに1ヶ月間に3社以上申し込んでしまうと、例え審査に問題がなくても審査に落ちる確率が高いです。

これを申し込みブラックと呼び、闇雲に申し込んでしまうとよほどお金に困っていると解釈されるのです。金融機関は信用情報機関と提携しており、申し込んだという情報は6ヶ月間記録に残ります。ですから間違って3社に申し込み審査に通らなかった方は、少なくとも6ヶ月は間を空けましょう。

次に同居の家族に内緒でプロミスに申し込むには、自動契約機で契約することが必要です。

プロミスの利用がばれるのは、自宅への郵送物です。通常の契約では、WEB契約でも最終的にはカードと契約書類が自宅に郵送されて来ます。これを自動契約機まで行って受け取ると、自宅への郵送物が無くなります。

また利用明細もWEB明細にし、返済は絶対に遅れないと注意していれば、家族にばれる可能性は低いです。”

プロミスの返済方法はどうしたらいいのか?

プロミスを利用するときは返済計画が大事です

まとまったお金が必要になったとき、それに回せるお金をすぐに準備できないことがあります。そんなとき、プロミスの利用を考える人は多いことでしょう。プロミスには銀行系のものと消費者金融系のものとがあります。両者では借り入れの合計上限額や金利など、条件面での違いがあります。

ですが、「借りる」ということと、「返す」ということにおいて、両者に違いがあるわけではありません。

プロミスでお金を借りる場合、借入金額の大きさと同時に、月々の返済のことを考えて借りる必要があります。会社によって、つまり金利や返還期間などによって若干異なりますが、借入額によってほぼ自動的に月々の返済額が決まります。

自分は、月々幾らまでなら無理なく返せるのか?これが予想できない場合や難しいかもしれないというときは、借りないか、借入額を抑えるべきですね。

さて、お金を借りたあとは、月々返済して行くことになります。

このとき、毎月決められた額だけを返すのではなく、余裕があれば、余分に返しておきましょう。前倒しの返却は、多くの場合、いつでもできます。

前倒しで返せるお金があれば、早く完済することにつながりますし、それだけ金利負担を減らすこともできます。

ところで、お金を借りるとき、一社からの借入では間に合わずに、複数の会社のプロミスを使うことがあるかもしれません。

そうした場合、気をつけないと陥りがちとなるのが、借入金の使い回しです。

例えば、たまたま一社分の返済が難しくなったとき、その会社への返済金を他社から借りて返す、ということが起きることがあるのです。

これは言わば、禁断の果実です。そのようなことは決してしないように、注意いたしましょう。

返済方法は、自分の都合に合わせて選べます

プロミスの返済といえば、その金融機関の店舗やATMに行かなければいけないと思っていませんか。

もちろん、その方法でも返済は可能です。ですが、その方法の場合、その金融機関のある場所は限られていますので、不便な方も多いでしょう。そんな方におすすめなのは、コンビニなどにある提携のATMを利用することです。

コンビニなら、軒数は多いですし、営業時間も気にする必要がありません。注意が必要なのは、所定の手数料が掛かることです。忙しい方におすすめなのは、インターネット決済です。ネットバンキングの契約が必要となりますが、自宅にいながら返済ができることはとても便利です。返済日を忘れることが不安な方は、口座振替を利用するとよいでしょう。

口座振替依頼書の提出が必要になりますが、毎月決まった日に自動的にあなたの口座からお金が引き落とされ、返済がされますので忘れてしまう不安がないでしょう。

このように、プロミスの返済方法は、いくつもありますので、自分の都合に合わせて選択しましょう。

消費者金融を利用した人の体験と口コミ

私の消費者金融利用についての感想

まず、消費者金融を申し込む流れとして、自動契約機を利用した場合の話をしますと、消費者金融を申し込むのに必要な準備物は、とりあえずは免許証と印鑑があればいいです。 自動契約機で免許証や書類をスキャナーで読み取って、消費者金融の方に送るようになるので。 会社員でなければ、保険証も必要かもしれません。

まずは、申込書を記入して送ります。 それから、スタッフの人からアナウンスがあるので、電話でやりとりするような形になります。 免許証をスキャンしたり、同意書にサインしたりが終わると基本的には、それで作業は終わりです。 それから審査で15?30分くらい待って審査結果を聞きます。 OKであれば後日、カードが届けられます。 ですので、複雑な作業はなく、すぐに手続きできます。

ただ、今はインターネットでの契約が主流でしょう。 これも、契約機がネットに変わっただけで、申込書や免許証の写真、同意書へのサイン等ができますので、家でも申し込めます。 ただし、契約の後日に会社や職場に電話がかかります。 それで、本人確認をして契約完了となります。 ですので、電話が取りにくい職場や留守にしがちな仕事でしたら、前もって伝えておいた方がいいでしょう。 その確認がとれないと契約できませんので。

消費者金融の利便性と正しい利用法

消費者金融と聞くとちょっと危険なイメージを思い浮かべるという人もいるかもしれませんが、今は昔と違って色々な法律で守られているため正しく利用すれば消費者金融金融はかなり有効な手段です。

闇金は法律を無視して違法な利息などを課していたりするので絶対には利用しないでください。

消費者金融は実際に利用してる人もデータで出ていてかなりの人数です。しっかりルールを守って運用すれば安全なので、急な出費が必要になった時は実は凄く便利です。

今ではインターネットでの取引だけで即座に借り入れ出来るところもあります。家にいながら手続きができますし入金されるのも早いので明日いくら必要といった時には大手消費者金融のネット取引完結型を使っても良いでしょう。

消費者金融を利用するにあたって気にする方が多いのはやはり即日融資が受けられるかどうかというとこだと思います。これは契約する会社によってそれぞれ条件があるので手続きをする前に下調べすることをオススメします。

基本的にはその会社で決められている時間までに手続きを完了させれば即日融資を受けられるところが多いですが、注意したいの土日祝日が絡んだ場合です。平日に比べて土日の即日融資はかなりハードルが上がってしまいます。申し込み自体は土日でもできますが当日に振り込んでもらえるかどうかは平日と別で考えたほうが良いのでもし利用する際はその辺も注意が必要です。