独立前に必要な資格は教育訓練給付制度で取っておく

独立後の仕事にもよりますが、必要な資格は独立前に取得しておくようにしましょう。
なぜなら、独立して事業を始めたら「時間的な余裕はない」「雇用保険の教育訓練給付制度が使えない」からです。

この「雇用保険の教育給付制度」を使えばその費用の「20%(最大10万円)を国が負担してくれるのです。

この「教育給付制度」の指定講座には、資格取得や国家試験対策だけでなく実務の習得も対象になります。
給付金の受給資格は
・雇用保険に加入期間が3年以上であること
で得られます。
※初めてこの制度を利用する人は年以上加入していれば同等の金額が支給されます。

給付金をもらうためには、講座終了後1か月以内に講座終了証を添えて管轄のハローワークに申請します。
ただし、m途中で受講を辞めた場合にはもとろん全額自己負担になりますので、やると決めたなら最期まできちんと続けましょう。

教育訓練講座には以下の物があります。
・情報処理技術者
・システムアドミニストレーター
・プログラム(ソフトウェア)
・コンピューター(パソコン・OA)
・DTP、WEB
・英語、英会話
・通訳、翻訳
・編集、校正
・インテリアコーディネーター
・カラーコーディネーター
・税理士、公認会計士
・司法書士、司法試験
・行政書士
・社会保険労務士
・中小企業診断士
・コンサルタント
・ファイナンシャルプランナー
・不動産鑑定士
・宅地建物取引士
・販売士
・旅行業務取扱主任者
・ツアーコンダクター
・調理士
・ソムリエ
・栄養士
・保育士
・介護福祉士
・ケアマネージャー
・ホームヘルパ^
・建築士
・建築施工管理技士
・電機工事施工管理技士
・電気工事士
・電気主任技術者
・電気通信主任技術者
・自動車整備士
・大学院修士課程講座
・大学院、大学、短期大学の専門教育講座
・その他

講座の内容については「厚生労働大臣指定教育訓練講座/検索システム(中央職業能力開発協会)」で検索してみてください。
資格や知識があれば独立後の事業にもきっと役に立ちます。
まずは土岐立後にどんな主格があったのならばよいか?
きっちりと把握しておきましょう。
意外と知らない資格で役に立ちそうなものも見つかることもあります。
また資格だけでなく、独立後に必要な知識もたくさんでてきます。
特にパソコンやホームページなどどの業種でも必ず必要な知識です。
独立を焦るあまり、急いで退職する方も少なくありませんが、この制度もことも知っておいてください。

ロレックス ボロボロ 形見 修理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です