プロミスの返済方法はどうしたらいいのか?

プロミスを利用するときは返済計画が大事です

まとまったお金が必要になったとき、それに回せるお金をすぐに準備できないことがあります。そんなとき、プロミスの利用を考える人は多いことでしょう。プロミスには銀行系のものと消費者金融系のものとがあります。両者では借り入れの合計上限額や金利など、条件面での違いがあります。

ですが、「借りる」ということと、「返す」ということにおいて、両者に違いがあるわけではありません。

プロミスでお金を借りる場合、借入金額の大きさと同時に、月々の返済のことを考えて借りる必要があります。会社によって、つまり金利や返還期間などによって若干異なりますが、借入額によってほぼ自動的に月々の返済額が決まります。

自分は、月々幾らまでなら無理なく返せるのか?これが予想できない場合や難しいかもしれないというときは、借りないか、借入額を抑えるべきですね。

さて、お金を借りたあとは、月々返済して行くことになります。

このとき、毎月決められた額だけを返すのではなく、余裕があれば、余分に返しておきましょう。前倒しの返却は、多くの場合、いつでもできます。

前倒しで返せるお金があれば、早く完済することにつながりますし、それだけ金利負担を減らすこともできます。

ところで、お金を借りるとき、一社からの借入では間に合わずに、複数の会社のプロミスを使うことがあるかもしれません。

そうした場合、気をつけないと陥りがちとなるのが、借入金の使い回しです。

例えば、たまたま一社分の返済が難しくなったとき、その会社への返済金を他社から借りて返す、ということが起きることがあるのです。

これは言わば、禁断の果実です。そのようなことは決してしないように、注意いたしましょう。

返済方法は、自分の都合に合わせて選べます

プロミスの返済といえば、その金融機関の店舗やATMに行かなければいけないと思っていませんか。

もちろん、その方法でも返済は可能です。ですが、その方法の場合、その金融機関のある場所は限られていますので、不便な方も多いでしょう。そんな方におすすめなのは、コンビニなどにある提携のATMを利用することです。

コンビニなら、軒数は多いですし、営業時間も気にする必要がありません。注意が必要なのは、所定の手数料が掛かることです。忙しい方におすすめなのは、インターネット決済です。ネットバンキングの契約が必要となりますが、自宅にいながら返済ができることはとても便利です。返済日を忘れることが不安な方は、口座振替を利用するとよいでしょう。

口座振替依頼書の提出が必要になりますが、毎月決まった日に自動的にあなたの口座からお金が引き落とされ、返済がされますので忘れてしまう不安がないでしょう。

このように、プロミスの返済方法は、いくつもありますので、自分の都合に合わせて選択しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です